「One JAPAN Hackathon x Tokai」のハッカソンに行ってきた!! #OJHT

こんにちは!! 熊野です!!

今回は10月27,28日に参加した「One JAPAN Hackathon x Tokai」のハッカソンフェーズについてレポートします!!
公式サイトはこちらから
10月13日に参加した同イベントのアイディアソンフェーズについてはこちらから

まずは27日!!
会場はアイディアソンと変わって名古屋工業大学さんです。
ポケモンGOの聖地である鶴舞公園のお隣にある広々としたキャンパスでした。

約2週間の開発期間を経て、発表まであと十数時間...
参加チームのみなさんの眼差しも真剣そのものです。

弊社から参加した技術サポートメンバー(私も)も開発者の方からのご質問に全力で答えてきました!!
(写真はお隣になったエーアイさんと一緒にPythonに関する質問に答えているところ。駅すぱあとWebサービスは関係ないw)

28日!!
発表まで数時間、前日よりもピリピリした雰囲気が会場を包んでいました。

そして場所を変えての成果発表、審査員のみなさんに2週間の成果をぶつけます。
写真は駅すぱあとWebサービスを使っていただいた「CHI-EN」チームの方のデモです。

駅すぱあとWebサービスから受け取った鉄道の運休情報をきっかけに、駅周辺の居酒屋をユーザーに案内します。LINEを通じて見知らぬ人とのマッチングもされるんだとか!!
ちょっとしたアクシデントも、楽しいものに変わるかもしれません!
(鉄道運行情報は、レスキューナウ様のご協力で提供できました。ありがとうございました!)

成果発表が終わると懇親会&待ちに待った結果発表です。
名古屋工業大学のホワイエをお借りして行った懇親会です。食事がめちゃくちゃ美味しい!!
弊社からの「駅すぱあと賞」は先ほどご紹介した「CHI-EN」チームの皆さんに送らせていただきました。おめでとうございます!!

また賞金20万円のかかった大賞は、足の指で文字を入力するデバイスを開発した「ASHIYUBI」チームの皆さんが選ばれました!!「足指ネイティブ」などパワーワードを生み出した衝撃的コンテンツ!!!欲しい!!!


東京でのハッカソンではWebサービスやモバイルアプリなどソフトウェアに注目が集まりがちですが、今回のハッカソンではソフトとハードがうまく組み合わさった成果物が多かったのが印象的でした。
ということで、名古屋らしい大盛り上がりのハッカソンでした!!

また名古屋行きま〜すノシ

P.S.
当日お配りしたノベルティの一部たち。
思いの外好評で、PCにステッカーを貼ってくださる方も。
公式キャラクターなつめくんも嬉しくて元気に光っております。

コメント